1. >
  2. 大人のニキビは治りにくい、潰すとだめ

大人のニキビは治りにくい、潰すとだめ

思春期の頃はあまりニキビはできませんでした。

友人でニキビがひどく、悩んでいる人はいましたが、私はたまにおでこにポツポツできた程度で、後にもなりませんでした。

最近はおでこではなく、頬や顎にできます。悩んでいるというほどではないですが、たまにできたときは嫌だなとかんじます。

最近できるニキビの特徴は、白ニキビで、中に白い膿のようなものが溜まって、潰したい!という衝撃にかられるものです。

そして、潰してしまいます。

すると、少しかさぶたのような感じになり、なかなか治りません。

昔より治るのが遅くなったと感じています。

潰しちゃダメ、とわかっているのですが、潰してしまいます。

10代の頃にはどんなにケアしてもできてしまい、初デートの当日朝に鼻の頭にできてしまった時は本気で泣けてきた。

20?30代は落ちついたけれど、でも夜遊びや残業が続くとやはりできてしまい、また、一度できるとなかなか治らず厄介だった。

そして、40代、普段はとくに気にする事もなく過ごせるようになったが、どうしても生理前にはポツポツとでてきてしまい、つい触ってしまい長引いてしまう。

50代にでもなればできなくなるのだろうか。それとも、しみやしわ等他の問題が深刻化してどうでもよくなるのだろうか。

ニキビは、10代のころにすごく悩みました。おでこに常時ニキビがあり、ブツブツで気持ち悪いし、本当嫌でした。いろいろ試した結果、今は良くなったのですが、振り返って考えてみると、乾燥によってニキビができていたように思います。ニキビ対策商品は、さっぱりさせる、どちらかというと乾かしてスッキリさせることを狙っているような印象がありましたが、体感としては、むしろしっかり肌を潤して、肌そのものを健康にしないとニキビは治らないもの、と感じています。

私は昔からにきびができやすい体質です。最近ではあまりお菓子を食べることが減った為、頻繁ににきびができることが少なくなってきましたが一番にきびで悩まされたのが学生の時、特に中学生~大学4年生の時です。私はスナック菓子が非常に好きで多い時でスナック菓子を夕食を食べた後に3袋食べた時もありました。そのような食生活をしていたので学生時代は日々にきびに悩まされた日々が続いておりました。にきび面だと不潔感が漂いますので同世代の女の子にもあまり近づけられなかった経験があります。

のでにきびができた時の対処法としては医薬品のクレアラシルを塗ってにきびを無くしていました。