1. >
  2. ニキビが出来やすいので乾燥は禁物!

ニキビが出来やすいので乾燥は禁物!

化粧水は、兎に角欠かせません。

化粧水をつけないと、肌が乾燥し、すぐに毛穴が目立ったり肌表面がべたついたりしてきてしまうため、洗顔後はもちろん、肌が乾燥してきたな…と感じたときには化粧水をつけるようにしています。

また、化粧水は重ねづけしてタップリ使うのがこだわり。

少々、もったいない気もするのですが……、そこをケチってしまうとすぐに肌の調子が崩れてしまうので、化粧水に関してはけちけちしない、というのがモットーです。

化粧水選びはとても重要です。

30代後半という年齢もあり、まずは保湿力を重視します。

ただ、未だに吹き出物がでたりべたついたりするので、あまり油分の多いものというより、水っぽく浸透力が高いものが良いです。

夏になると気になるのが紫外線ダメージですが、美白ラインを使用したら潤い不足によるものか、成分が合わなかったのか分かりませんが、赤みが出たことがあり、それ以来は化粧水に美白ものを使用するのを控えています。

紫外線ダメージはやけどみたいなもの、と聞いたことがあり、まずは潤っていることが大前提らしいので、やはり化粧水は潤い命、そしてそれを保持するものが良いですね。

母が使っていたものは、ずいぶん香りが強かった記憶があります。

あまりその香りになじまなかったので、自分が付ける場合はできれば無臭のものがいいと思いました。

時代が古かったからそうなのか、もともと化粧水というものはそういうものなのかはよく分かりませんが、男性用ではあまりそのようなことはない気がします。しかし、男性用のものであっても、シェービングクリームなどのスッキリすると謳われているというものもあまり好きではありません。まったくの無臭というものがあるのか、あればぜひ使ってみたいと思います。

化粧水は朝と寝る前に毎日使います。

夏場はそれほどでもありませんが、冬の乾燥する季節には乾燥肌なのでカサカサになってしまいます。

化粧水を付けることによってカサカサを抑える事が出来ます。

毎日たくさん使うものなので、できれば安価な、それでいて身体に優しい成分でできているものだとうれしいです。

化粧水を付けるときは直接手に取り、顔全体に付けます。

顔に塗り終わったら手に残った化粧水は洗わずに、腕や首筋につけていきます。

洗って流してしまうのはもったいないので。